〜より快適な暮らしへ⼈にやさしい〜シニアリフォーム

“これからの快適な暮らしづくり”いっしょに考えませんか?

子供も独立して夫婦2人になると、空き部屋のそうじが大変。スペースが余ってしまう!などのお話をよく聞かれます。
そこで、これからのライフスタイルに合わせた、住まい空間を一緒に造りませんか!
空いたスペースを趣味の部屋にしたり、クローゼットにして収納スペースを増やしたり、またお孫さんとの遊ぶスペースを作ったり、活用方法はたくさんあります。

シニア生活になると家庭内で過ごす時間が多くなります。
室内の転倒によるケガの防止に、やさしい家 ”バリアフリ-リフォ-ム” をお勧めいたします。
段差の解消や手すりの取付等様々なご提案をいたします。

介護保険(高齢者住宅改修費用助産制度)について

需給対象者

  • 要介護認定で「要支援、要介護」と認定されていること。
  • 改修する住宅の住所が被保険者の住所と同一で、本人が居住していること。
    ✽助産額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円) 本人負担が1割になる

対象となる工事

  • 手すりの取付 (廊下・玄関・トイレ・洗面・浴室等)
    ✽室内移動や動作を安全に行う事を目的とする
  • 段差解消
    ✽トイレ、浴室、居間等の出入口部分の床段差解消や玄関アプローチ部分等
  • 床滑りの防止
    ✽床材の変更により転倒防止(滑りにくいもの) 浴室の洗い場等
  • 建具の交換
    ✽引戸やアコーディオンカーテンへの取替でスムーズに出入りが可能
  • 洋式トイレへの交換
    ✽和式から洋式便器への交換
  • その他、様々なご相談にお答えします。

ご注意

    お住まいの自治体への事前申請など手続きが必要となります。
    詳しくは、当社担当までお問い合わせください。